スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アカウンタビリティ

以前は 説明責任なんて言葉はなかった。 説明する責任がある、という表現だった。
これは英語のアカウンタビリティ を翻訳して あてた 新造語だともいえる。

読んで字の如しなのだが、簡単に要約するのが ここの モットー。
いささか たとえとして乱暴だが 1+○=2という式がある。 そして ここの○の中の数字はこうだよ、
と言うのが 説明責任だという事だ。

誰でもわかるが 中の数字は1。 そうか だから 答えは2か、なるほど!と 万人を理解させることが
説明責任。

1以外の数字はすべて間違い。 当然だ。

ここをちゃんと説明できないのは 嘘があるから 説明が不可能なのだ。
だから 質問に対する 答えにならないで 議論のすり替えや トンチンカンな 答弁に終始してしまうのだ。

民主の首脳の 説明が ???の連続なのは 誰もが 答えは1と分かっているのに、
2とか3とか 答えたり、逃げ回っているから。

民主首脳の疑惑も 実に簡単で 国民のほとんどは 知ってしまっている。

つまりだ、説明責任説明責任と 唱えても 嘘がある場合 そんなことは 出来っこない。
永久に 彼らには 説明責任は 語れない。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

トキオ

Author:トキオ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。