スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

同盟(アライアンス alliance)

そう 同盟。 こいつは眼には見えないが 有効な 効力を発揮すると気がある。
日米の同盟は まだ 我々が まったく 知らない 事柄もあるだろう。

このことを語るのは まだ早いと思うんだ、俺は。

だから もう終わったけど 過去の日英同盟について かんがえてみよう。 

日英同盟 これなくば 日露戦争など 遂行不可能、それどころか 今 日本はないかも知れない。
これは 誰もが 考えがつくがけど。

日露戦争当時の 日本とロシア、GDPで 約8対1。 これは 日米開戦時の比率とまったく同じ。
とてもじゃないが 勝てる要素は まったくない。 だが大英帝国が バックにあった。

このことが 大きくものを言ったんだ。
当時のエネルギーは蒸気機関。 だから 先の大戦時では 石油が必須であったように
この時代では 石炭の確保が 重要だったわけ。

そして 最高の石炭は 実は英国産。 カーディフ炭と呼ばれ 良質で 煙が少なく 燃費がいい。
燃費が良いと 同じ量を 積載しても 相手方より 行動範囲が広がる。 戦争遂行にはもってこい。

イギリスは 日本に優先的に 独占輸出をしてくれ、なおかつロシアには 売らなかった。

そして実はここでもマスコミが登場する。
イギリスの勃興期という記事書いたことが あったが 当時のメディアは英国より。
同盟国と言う事で 日本側に有利な記事を バンバン書きまくった。

それが 日本の軍資金調達に 大いに貢献した。 

日露戦争と言えば 日本海大海戦。 正直いえば それまで 戦いは一進一退。
だけど この海戦の 史上まれにみる 完璧勝利を 大宣伝してくれたわけ。

これでイメージは 日本がロシアを圧倒している雰囲気を作ったわけなんだ。
脱線するけど 圧倒した イメージを出すには最高だったんだ、この戦い。



なにせ 38隻の艦隊のうち 戦艦21隻 撃沈。 10数隻大破。(大破とは 使用不能となったという事)
中立国へ逃げた 戦艦数隻。 ウラジオストック軍港へ 逃げ延びたのはたったの1隻。

日本海軍の被害は 水雷艇3隻 沈没(大きさが 戦艦の50分の一と思えばよろしい)

後にも先にも このような戦いはなかったパーフェクトゲーム、あまりにも完璧すぎたので 
タイム誌が配信1日遅れた という逸話があるぐらい。

マスコミも書く力に気合いが入るのは 当然。

日本は大い士気あがり ロシア側は戦意消失。 その当時からマスコミは強かった。

この戦い、勝ちぬけたのは 日英同盟あればこそ。
首相、同盟は 効果がないようで あるんですよ。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

トキオ

Author:トキオ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。