スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

身の保全は どこの国も一緒で・・・

以前 戦略的に 中国の負け、と書いたことがある。

これは 具体的に言えば 日本政府が 結構強気で引かなかったため 中国外交部としては 引きさがれない事情から こういう結果に相成った。

ここにこう書いたけど日本に対して譲歩すると言う事は 反日教育を受けた 国民からは ものすごい反発が あるのは 目に見えているのである。

さすれば 失態をした 外交幹部は 人事問題に発展し 要は 左遷 させられる、と言う事だ。

だから 戦略として 間違っていても こうやらざる得なかったというわけだ。

国益より、身の保全を取ってしまったわけだ。(どこの国も同じだのう)

じゃあ 戦略として 何が 一番いけないかといえば インド、ベトナムの警戒心を 確定させたこと。

ベトナムは一回 中越戦争で やりあっているし、インドも国境紛争を 中国と抱えている。

これは台湾進攻を ひそかに狙っている 中国として 看過できない事柄なのだ。

もしも センスのいい外交官が いたら 速効で 首脳会談、もしくは 外相会談の日程を組むであろう。

中国の一番恐れているのは 台湾、日本と インドベトナムが 軍事的に 連携すること。

この可能性を 高めてしまったのである、今回の事件で。

つまり ナポレオンが 轍を踏み、帝政、ナチス 両ドイツも この範を犯し、 そして 日本が 対米、対中戦争をしてしまったように。

すなわち 二正面戦争である。 これは 絶対してはいけない。 はさみうちの状態になるからである。

分かっていながら そういう行動しか 取れなかった。

とくに インドは 第二の中国を狙っていて(すなわち中国にとって代わって 世界の工場になる) 経済的にもライバルなのだ。

すでに 一部の自動車会社は インドに進出しているし。

センスのいい外交官と 前のほうで 書いたけど これは 具体的にいうと 例えば 台湾と インドで 首脳会談をすると 中国側では 勝手に 軍事的密約しているのでは?
とかんぐるだろう。

何もなくても良いのである。 勝手に 神経をすり減らさせるだけで OK。

そういう時は 冷静な判断が できにくい。

インドは 絶対 台湾、日本と接触を持ちたいだろう。

軍事的にも、 そして 中国を蹴落として 世界の工場に なりたいから。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

トキオ

Author:トキオ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。