スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10/21の過去記事 夫婦別姓の危険度

次から次へと・・・いろいろやってくれるゼ。

民主党の小宮山洋子議員、自民党の南野知恵子元法相 および福島瑞穂男女共同参画担当相。

夫婦別姓を画策しています。このお方たち。

またまた 電話抗議、FAX抗議開始しましょう。


左にバイアスがかかってる人々が煽動しているこの夫婦別姓、多分革命後のソビエトが導入したことと、
中国が やはり別姓であることが 動機なのだろう。 ところがである。

まず、中国は 奥様になった女性は ご主人になった男性の姓を 名乗れないから 夫婦別姓なのだ。
何故なのかと 問われれば 父系社会であるから、というのが答えなのだが これ 日本は父系社会ではないので なかなか理解できない。

簡単、わかりやすくがモットーのブログでは 父系社会については 詳しく書けない。
(ものすごく長くなります。)
そうは言っても 少しだけという方が多いと思われるので さわりだけ。

まず 父系社会では 同姓の男女は結婚できない。(法的にも駄目らしい詳しくなくてすいません)
伝統的に 文化的に 無理。(世間の目、とか 同姓の男女は 恋愛感情が起きにくいらしい)
これは儒教の教えからきているらしく 朝鮮半島も 中国にならったため 同姓は結婚できない。
ただし 苗字(姓)の数が少ないので 家系図で 調べ 同姓でも 親族では なければ 結婚できる。
だから 家系図なんか売っている。(部外婚を有する父系社会。部外婚がない父系社会はまた異なります)

中国、韓国の金さんは 日本人の金子さんとの結婚も躊躇するらしいし・・・
これ以上はちょっと長くなるので・・・

もう何百年も続いている国と日本を同じにみてはいけない。
もともと夫婦同姓の文化だったロシアに 別姓を導入したのが スターリン。
事実婚、つまり内縁も 婚姻届をだしたものと 同等とし 重婚さえ 法的に認めたというとんでもない法律にした。(1927年)

その結果は・・・離婚が増え 子どもをおろす女性が多くなり 人口が減り始め 少年犯罪が多くなり
婦女暴行が増えて 数百万の 私生児ができたと言われている。

あわてたソビエト政府は 1934年に方向転換、夫婦同姓に戻した。
試しになんて いえるやわな制度ではない。
外国人参政権とならんで非常に危険なことである。


通常国会で「別姓」実現を=与野党有志
 民主党の小宮山洋子衆院議員、自民党の南野知恵子元法相ら選択的夫婦別姓の導入を目指す与野党の有志議員25人は11日、衆院議員会館で会合を開き、来年の通常国会での民法改正を求めていくことで一致した。福島瑞穂男女共同参画担当相(社民党党首)も出席し、「きっちりと促進したい」と強調した。 
 小宮山氏は「すべての人に別姓を強いるのではなく、選択肢を増やすことが目的だ。政権交代で期待感は高まっている」と主張。南野氏も「(検討は)民主党中心となるが、われわれも頑張りたい」と協力姿勢を示した。会合には公明、共産両党の議員も参加した。
プロフィール

トキオ

Author:トキオ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。